看護部本日モ反省ノ色ナシ

看護師を中心に医療界の変なエピソードを話していきます

私は看護師をしておりますが まあおよそ一般社会では通用しないことがまかり通る それが看護師の世界です そんな看護師のエピソードとともに 医療界(病院)の変なことも話していきたいと思います

キャリアを積むほど評価が下がる不思議な看護師の世界

看護師の世界は、

一般社会ではおよそ通用しないようなことが、

まかり通ってしまうと、

今まで散々述べてきました。

 

世の中は、

慢性的な看護師不足と言われて久しいですが、

それをつくりだしているのは、

他ならぬ病院自身なのです。

 

そのエピソードを。

 

私は、

学校を卒業する前に、

3つの病院の採用試験を受け、

2ヶ所から内定をもらいました。

 

そのうち、

最初に就職したところを選びましたが、

あとの2ヶ所は、

大学病院でした。

 

大学病院のほうを断ったのですが、

断った後に、

その病院から電話がかかってきました。

 

「どうしてもうちに就職してもらえませんか。(わたしの名前)さんのような優秀な方には、是非来ていただきたいのですが」

 

嬉しい言葉です。

 

しかし、

就職した病院のほうの合否発表が先だったので、

内定をもらった時点で、

返事をしたのです。

 

本当は、

大学病院のほうに行きたかったし、

合否発表の順番が逆なら、

大学病院に行っていました。

 

ただ、

就職してみたら、

就職した病院に行って、

よかったと思いました。

 

最初に就職した病院で、

6年働いたあと、

転勤先で2年数ヶ月働いて、

退職しました。

 

その後、

進みたい道への就職を模索しましたが、

なかなかうまくいかず、

再度病院で働くことを考えました。

 

結局、

近畿中央病院に採用されるまで、

ちょうど4年かかりましたが、

直前2年ぐらいの間に、

かなりの数の病院の採用試験を受けました。

 

その際に、

新卒の時に合格して、

断った大学病院も受けました。

 

新卒のの評価が高かったし、

そこから、

看護師としてのキャリアも積んだので、

採用してもらえる期待が高かったのです。

 

しかし、

その期待は打ち砕かれました。

 

詳細は省きますが、

面接で看護部長から、

「あなた、ワードやエクセルはできますかしら?」と聞かれました。

 

は?

 

そんなん常識やろ!

 

少なくとも、

お前よりはできるわ!

 

しかし、

そうは言えないので、

 

「普通以上にはできると思います」

 

と答えました。

 

こんな、

人のことを小バカにするようなところ、

こちから願い下げです。

 

去年の7月末、

労災の責任を認めようとしない近畿中央病院に嫌気がさし、

姉の知り合いの転職会社の仲介で、

とある病院の就職試験を受けました。

 

結果は不合格でしたが、

ここはまだ、

面接してくれただけマシです。

 

何ヶ所かは、

エントリー時点で、

門前払いでした。

 

おかしですね。

 

看護師不足ではないのですか?

 

それなら、

よほどの欠陥がない限り、

雇うべきではないですか?

友情を壊す・近畿中央病院 - 看護部本日モ反省ノ色ナシ (hatenablog.jp)

 

裏を返せば、

私に重大な欠陥があるということかもしれません。

 

しかし、

労災で入院する前までは、

バリバリ働いてたんですよ。

 

雇えば、

普通以上に働けるのです。

 

これが、

一般社会なら、

50歳代でも、

能力のある人は、

ヘッドハンティングがあるぐらいです。

 

給料も、

転職すれ上がるのです。

 

看護師は、

転職するほうが、

給料が下がることがほとんどです。

 

私が、

近畿中央病院に就職す際も、

経験年数×7かけの経験年数換算でした。

 

キャリアを積むほど、

評価・価値が下がるのは、

看護師の世界ぐらいじゃないですかね。

 

これが、

私が看護師免許を、

「一番つまらない国家資格」という所以です。

 

要は、

どこいの病院も、

そこそこ働けて安い人材、

つまり5年目ぐらいの人材を求めているのです。

 

仕事ぶりより、

コストということです。

 

しかし、

私はちょうど、

第2次ベビーブームの時に生まれました。

 

つまり、

人数の多い年代です。

 

看護師をしている人数も、

相対的に多いはずです。

 

しかし、

病院側が希望している年齢層は、

私の年代よりはるかに少ないのです。

 

その中で、

看護師をしている人口は、

これまた相対的に少ないはずです。

 

そんな少ない人材を、

大半の病院・施設が取り合いをしている、

それが昨今の看護師不足の現状です。

 

これも、

各施設が看護師に金をかけないということの現れです。

 

大阪難波にある、

とある外科系の病院(というか昨年7月に受けた病院もそうでしたが)は、

看護師の年齢層が若いことを、

さも自慢げに面接で言っていましたが、

それは、

自分の病院の定着率が悪いことを、

公言しているのと同じです。

 

若い看護師だけだと、

ある程度の看護は提供できるでしょうが、

そこ止まりです。

 

ベテランがいると、

経験に基づいた、

もと質の高い看護が提供できるのです。

 

ベテランには、

お金を出すだけの価値があるのです。

 

それをわかっていない、

大半の病院の看護師不足は、

看護部の幹部連中が考えを変えない限り、

一生解決することはないでしょう。

 

病院だけでなく、

医療ワーカーをはじめとした転職サイトも、

積極的に転職をサポートしてくれるのは、

10年目以下の若い人材です。

 

私ぐらいの年齢になると、

見下してバカにした対応しかしません。

 

元々評判の悪い、

医療ワーカーの悪行については、

別の機会に話します。

 

ネットの広告にあるような、

転職すれば給料が上がるというのも、

若い看護師が対象です。

 

そういえば、

エントリー段階でダメだった、

大阪北部のターミナル駅付近にある病院など、

「30歳台以下の人材を望んでいる」と言いながら、

給料はかなり安いのです。

 

そんな人材が欲しければ、

給料をある程度出さないと、

来るわけがありません。

 

この点をみても、

看護師をバカにしていると、

言わざるを得ません。

 

もっと変なところがって、

私に循環器の経験があるので、

姉の知り合いの転職業者の人が、

某病院のCCUの求人を提案してくれたのですが、

これもエントリー時点でダメでした。

 

その理由が、

もし私が就職したら、

そこの看護師長が私より年下なので、

やりにくくなるからというもの。

 

は?

 

そんなん、

いくら年下でも、

上司を上司として接する常識ぐらい、

持ち合わせていますよ。

 

それを、

実際話もすることなく、

勝手に決めるとは、

やはり看護師とは、

一般社会では通用しないような常識を、

持ち合わせているものなのでしょう。

 

何回も言うように、

ベテラン看護師には、

お金を出すだけの価値があります。

 

それに投資することで、

看護の質を上げれば、

患者が集まり、

投資しただけの見返りがあるはずです。

 

少ない人材を取り合いしなくても、

多い人材からさがすことで、

看護師不足も解消できます。

 

良い病院とは、

看護師のベテラン・中堅・若手が、

まんべんなく居るところです。

 

どこぞの病院みたいに、

若手ばかりのところ、

近畿中央病院のように、

超ベテランと若手しかいないところは、

大きな問題を抱えているということです。

 

そういう意味で、

最初に働いた病院は、

比較的良い病院だったと思います。

 

各病院・施設は、

看護師のキャリアを認めて、

その価値を正当に評価しましょう。