看護部本日モ反省ノ色ナシ

看護師を中心に医療界の変なエピソードを話していきます

私は看護師をしておりますが まあおよそ一般社会では通用しないことがまかり通る それが看護師の世界です そんな看護師のエピソードとともに 医療界(病院)の変なことも話していきたいと思います

「ぶち壊しじゃないか!」→あなたに心配していただかなくて結構です/重本

久々に、

この人の話題を。

 

医師の重本は、

普段はいいのですが、

機嫌が悪くなると、

手が付けられなくなることを、

今までに何度か話してきました。

 

今回も、

そんな話です。

 

救命救急センターでは、

所属する看護師の全員が、

何かしらの看護研究を行うことが、

求められていました。

 

それは、

個人であっても、

グループであっても可でした。

 

この人も、

久々の登場ですが、

寺地氏のグループが、

口腔ケアに関する研究を、

行うことになりました。

 

基本的には、

グループのメンバーが、

実践をするのですが、

勤務の都合で、

出来ないこともあります。

 

その場合は、

メンバー外の看護師、

つまり、

私を含めた者も、

行わなければなりません。

 

ですから、

自分が行っている研究以外のことも、

やらなければならないので、

大変でした。

 

入院する患者に対して行うのですから、

もちろん医師対しても、

説明を行い、

許可を得ます。

 

ちょうど、

その研究のリーダーである寺地氏が、

重本に対して、

説明を行っているところに、

私は居ました。

 

その時、

重本は機嫌が良かったらしく、

 

「うん、いいよ」

 

と、

許可を出しました。

 

かくして、

研究はすすめられていきました。

 

私も、

研究メンバーが居ない時に、

決められた通りのことを行い、

協力しました。

 

そんなある日、

誰がしたのかは忘れましたが、

決められた通りのことを、

行いませんでした。

 

この研究は、

口腔ケアに関することでしたが、

たしか、

従来の方法(イソジンガーグルを使用)と、

新たな方法(方法は忘れました)との、

比較検討だったと思います。

 

その、

いずれかを行わなかったのです。

 

その様子を、

近くで聞いていた重本が、

口を挟んできました。

 

「ぶち壊しじゃないか!」

 

いやいや・・・

 

その患者が、

研究対象から除外される可能性があるだけで、

別に研究自体が終了になるわけではありません。

 

そんなことは、

寺地氏を中心とした、

研究メンバーが考えることで、

重本に口出しされる筋合いはありません。

 

看護師が行っていることに、

医師が口出しするのは、

越権行為以外の、

何ものでもありません。

 

この時、

重本は、

何が理由かは知りませんし、

興味もありませんが、

機嫌が悪かったのです。

 

前にも話したように、

重本は、

機嫌が悪くなると、

難癖をつける、

悪いところがありました。

 

この時も、

この件以外にも、

難癖をつけまくっていて、

他の医師ならびに看護師も、

辟易していました。

 

だから、

この件が発覚した時も、

 

「きっと何か言ってくるだrとう」

 

と思っていました。

 

そうしたら、

案の定・・・

 

重本の件を話す時、

いつも言うのですが、

いい大人なのですから、

感情を仕事に持ち込むのは、

いかがなものかと思います。

 

重本は、

子供の頃から優秀で、

医師になってからも、

 

「自分は他の者とは違う」

 

と、

他人を見下している部分がありました。

 

それが、

あることを機会として、

だいぶマシになったそうですが、

それでも、

何かの機会に、

こういう悪い部分が、

顔を出しました。

 

ということは、

その出来事がなければ、

もっと酷かったのかもしれません。

 

私は、

重本が、

医師として優秀であることは認めます。

 

しかし、

だからと言って、

何を言っても、

何をしてもいいわけではありません。

 

いい大人なのですから。

 

結局、

どこかで、

他人を見下していて、

自分が一番優秀だという自負が、

まだあったのだと思います。

 

尊敬をされたり、

信頼をされたければ、

医師として優秀なだけでなく、

人間性も優れていることが、

求められます。

 

それは、

医師だけでなく、

どんな職種においても、

 

前項で話した、

山本五十六然り。

 

「上司の鏡」然り。

 

何なら、

多少仕事が優秀でなくても、

人間性が良ければ、

許される場合もあります。

 

人間、

自己研鑽を行うことは大事ですが、

自分が一番優秀だと思った時点で、

終わりだと思います。