看護部本日モ反省ノ色ナシ

看護師を中心に医療界の変なエピソードを話していきます

私は看護師をしておりますが まあおよそ一般社会では通用しないことがまかり通る それが看護師の世界です そんな看護師のエピソードとともに 医療界(病院)の変なことも話していきたいと思います

久々の投稿・番外編/GW・東京旅行

久々の投稿になって、

申し訳ありません。

 

言い訳をさせていただくと、

GWの5月3日~5日は、

東京に行っていました。

 

本当は、

その件をリアルタイムで投稿したかったのですが、

自宅に不在とわかると、

空き巣被害に遭う危険性があるので、

避けたのです。

 

その寸前の土日は、

仕事でした。

 

旅行後の土日は、

休みだったのですが、

旅行の疲れが出たのと、

病院の受診(結核のフォロー)があったので、

投稿できませんでした。

 

先週は、

土曜日が仕事で、

日曜日しか休みがなく、

家事をしていたら、

投稿する機会を失いました。

 

ここで、

ひとつ報告。

 

5月5日をもって、

2回目の結核治療薬の服用が、

終了しました。

 

9ヶ月、

本当に長かったです。

 

今のところ、

再々発の兆候なく、

過ごせています。

 

久々の投稿ということで、

医療関連の裏話を話したかったのですが、

今回は、

皆さんには興味ないことと思いますが、

GWの東京旅行について、

話します。

 

今回も、

夜行バスを利用しました。

 

出発当日は、

前回同様、

昼間仕事でした。

 

今回乗車したのは、

京王バスアルピコ交通が共同運行する、

大阪-新宿・渋谷・池袋線です。

 

この路線に乗るのは、

2回目ですが、

当時は、

京王と阪急の共同運行でした。

 

先月から、

阪急が撤退して、

新たにアルピコ交通が、

運行に参入したのです。

 

大阪シティバスに乗り、

大阪駅前から歩いて、

阪急三番街の高速バス乗り場へ。

 

待合に着いた時に、

地震があったようですが、

影響はありませんでした。

 

今回は、

京王バスの担当でした。

 

前に乗った時も、

京王でしたが、

車両は2015年に新しいものが導入されて、

車両自体は初めて乗るものでした。

 

現代の夜行バスの標準である、

独立3列シート・中央トイレの車両で、

私は、

トイレの横の横の、

窓側の席を指定して予約しました。

 

今では、

これも夜行バスでは標準になりつつある、

いわゆる「個室カーテン」がついてはいましたが、

右横と、

後ろに人が居なかったのは、

良かったです。

 

この路線は、

USJ始発ですが、

1度乗ったことのある路線なので、

途中の梅田から乗車しました。

 

前にも話しましたが、

私は、

初めて乗る高速バス路線(特に夜行)は、

極力始発から終点まで、

乗るようにしているのです。

 

バスは、

梅田出発後、

新大阪・千里桃山台千里中央名神茨木・名神高槻・高速長岡京と停車し、

客を拾います。

 

そして、

大津SAで、

眠前の休憩となりましたが、

私は降りませんでした。

 

バスはその後、

名神新名神→東名阪→伊勢湾岸→東名→新東名→東名→圏央道→中央道→首都高

を通って、

東京に向かいます。

 

その後、

乗務員の休憩のため、

何度か停車し、

その都度目が覚めましたが、

今回も、

比較的眠れたほうでした。

 

そして翌朝、

目が覚めると、

バスはノロノロ運転でした。

 

その後の、

乗務員からの説明によると、

圏央道の渋滞によるものでした。

 

中央道八王子停車ののち、

石川PAで朝の休憩。

 

この時は、

降りて休憩しました。

 

この時点で、

1時間半ほど遅れており、

早くも、

旅の計画が崩れてしましました。

 

定刻なら、

新宿に6時58分に着くので、

そこで降りて、

電車で池袋に向かい、

池袋で、

高速バスの写真を撮ることにしていました。

 

このバスは、

池袋が終点なので、

そのまま乗っても、

池袋には行けるのですが、

時間がかかるので、

電車で行くことにしたのですが、

渋滞による遅延で、

目当てのバスが写せないため、

池袋に行くこと自体、

諦めることになりました。

 

そして、

遅れをほとんど取り返せないまま、

9時15分過ぎに、

新宿(バスタ新宿)に到着しました。

 

先に述べたような事情により、

バスタ新宿で、

バスの写真を撮ることにしました。

 

その前に、

薬をのむ必要があるので、

軽い朝食を。

 

そして、

昼食を食べずに、

写真を撮り続けました。

 

これには、

理由があるのですが、

それは、

あとで述べます。

 

その途中、

バスタ新宿の真下にあるJR新宿駅で、

帰りの新幹線の切符を確保。

 

前回同様、

帰宅翌日が仕事なので、

15時40分頃ののぞみを指定したのですが、

時間が中途半端なためか、

GWにもかかわらず、

席には余裕があり、

3列側の窓側を確保できました。

 

その後、

16時頃に、

一旦今回の宿にチェックインするため、

大塚に向かいました。

 

 

チェックイン後、

すぐに、

とある場所に向かいました。

 

その場所というのが、

こちらです。

 

 

そう、

元・AKB48の内田眞由美ちゃんが、

オーナーを務める、

 

「焼肉IWA」

 

です。

 

内田眞由美ちゃん

 

今回の旅の目的は、

ここに来ることと、

バスの写真を撮ることでした。

 

最後に、

ここに来たのは、

私が結核を発症する直前に、

7泊8日で関東旅行をした時でした。

 

ちなみにこの時は、

7泊8日の滞在で、

3回来ました。

 

開店1番(17時)に店に入り、

食事をするために、

昼食を抜いたのです。

 

店に入ると、

店長である内田眞由美ちゃんのお母さんが、

出迎えてくれました。

 

そして、

 

「お久しぶりです。○○〇さん(私の下の名前)ですよね」

 

と、

2年半ぶりの来店にもかかわらず、

私のことを覚えていてくださいました。

 

このお母さんとは、

2013年、

まだ内田眞由美ちゃんが現役AKBの時、

内田眞由美ちゃんの地元・八王子の、

ドン・キホーテでの凱旋イベントで、

私から話しかけてからの関係です。

 

この時、

まだIWAはなく(2014年4月末開店)、

ご両親は、

八王子で、

焼肉店を2店舗(牛皇石川庵・牛皇北野庵)経営されていました。

 

このイベントのあと、

2013年11月に、

1度だけ、

牛皇石川庵を、

訪れました。

 

※牛皇石川庵(2013年11月) 

 

商売柄とはいえ、

2年半あいているのに、

覚えていただいていることは、

ありがたいことです。

 

この日、

オーナーは不在でしたが、

元AKB48の、

野中美郷ちゃんが、

出勤していました。

 

野中美郷Twitterより 左:店長(内田眞由美母) 左:野中美郷ちゃん

 

野中美郷ちゃんは、

一時IWAのバイトから離れていましたが、

最近本格的に復活しました。

 

相変わらずの、

美人さんでした。

 

野中美郷ちゃんと、

別のアルバイトの女の子と、

ちょいちょい話をしながら、

美味しい焼肉をいただきました。

 

 

19時頃、

会計で野中美郷ちゃんに、

 

「明日も来る」

 

と宣言し、

店をあとにしました。

 

野中美郷ちゃんも、

翌日出勤するとのこと。

 

店を出たあと、

再度バスタ新宿に向かうべく、

新大久保駅に向かって歩き出したのですが、

久々に酒を飲んだのと、

満腹になるまで食べたせいか、

急速に体調が悪くなりました。

 

途中何度も休憩しながら、

やっとのことで新大久保駅のホームへ。

 

 

しかし、

しんど過ぎて、

電車に乗ることができず、

しばらくベンチに座って過ごしました。

 

少し、

ウトウトしたかもしれません。

 

1時間少々経って、

ようやく体調が落ち着いたので、

バスタ新宿に向かいました。

 

新大久保から新宿は、

たったひと駅なのに、

この時は遠く感じました。

 

前回、

4月2日にバスタ新宿に行った時と、

サイクルが違う日なので、

夜行バスであれば、

前回撮れなかったバスが来ます。

 

その読み通り、

撮りたかったバスが多数来ました。

 

しかし、

さすがGW中。

 

昼間は、

それほどでもありませんでしたが、

夜は混雑していました。

 

23時30分頃まで居て、

宿へと戻りました。

 

宿に着いたのは、

日を越していたと思いますが、

なかなか寝つけず、

関東のローカル深夜番組を観て、

1時30分頃、

眠りました。

 

翌日、

なぜか5時ぐらいに目覚めました。

 

「これなら、昨日のリベンジができる」

 

と、

池袋に行こうと思ったのですが、

余裕を持ち過ぎて、

結局行くことができず、

当初の予定通り、

東京駅に向かいました。

 

東京駅八重洲口周辺で、

バスの写真を撮るのが目的でしたが、

コロナの影響で、

バスの運休が多く、

思うように写真が撮れませんでした。

 

そして、

いろいろ考えた結果、

千葉駅に行くことにしたのですが、

普通に電車で行っては面白くないので、

こういうことを考えました。

 

東京駅八重洲口から、

君津行の高速バスに乗って、

木更津羽鳥野BSまで行き、

そこで館山から千葉に行く高速バスに乗り換えて、

千葉に行くというもの。

 

以前、

それの逆をやったことがあったのです。

 

しかし、

思いたったのが遅かったのと、

乗り継ぎが悪いため、

それは断念しました。

 

今回は、

旅の要素がないので、

少しでも旅らしいことがしたかったのですが・・・。

 

そして実行したのが、

次の方法です。

 

都営バスの深川車庫行に乗り、

深川車庫の少し手前で下車。

 

その周辺には、

東北急行バスと、

京成バスの車庫があるのです。

 

そこで撮影後、

りんかい線東雲駅から新木場駅へ。

 

新木場駅から京葉線に乗り、

千葉みなと駅へ。

 

千葉みなと駅から、

モノレールに乗って、

千葉駅に向かうというもの。

 

この通り、

実行したのですが、

車庫では、

思うように写真を撮れませんでした。

 

千葉みなと駅では、

館山に向かう高速バス「南総里見号」を、

3台写せました。

 

千葉駅は、

GW中だからか、

コロナの影響か、

活気が無かったように思います。

 

以前は、

いつ来ても、

もっと活発にバスが発着していて、

人も多かったように思いましたが、

バスも人も、

少な目でした。

 

前述の通り、

この日もIWAに行くつもりだったので、

前日同様昼食を抜こうかと思ったのですが、

この日は、

朝食が早かったので、

空腹でした。

 

そこで、

以前にも入った、

千葉駅近くにある

 

「銚子丸」

 

という、

お寿司屋さんに行くことにしました。

 

※2017年撮影

 

ここは、

千葉駅前に居ながら、

銚子港であがった、

新鮮な魚介類を、

食べることができるのです。

 

少しでも、

旅の要素を、

出したかったのです。

 

しかも、

確か14時までに入店したら、

あら汁を無料で出してくれるのです。

 

少なくとも、

2017年当時はそうでした。

 

しかし、

行ってみると、

入口に行列ができていたので、

諦めました。

 

しかたなく、

ここに向かう前にみつけていた、

別の寿司屋さんに向かいました。

 

 

名前からして、

地元の魚は使ってなさそうですが、

昼の定食があるようで、

「銚子丸」に向かう前に、

入店を検討したのです。

 

ここで頂いたのが、

こちらになります。

 

 

春の松花堂弁当1380円

 

右上の揚げ物は、

カキフライなのですが、

かなり大ぶりのものが、

3つありました。

 

これで1380円は、

かなりお得だと思います。

 

この他にも、

上の画像にチラッと写っている、

ちらし寿司とうどんの昼定食や、

にぎり寿司の定食もあり、

どれも安く美味しそうでした。

 

満足の昼食のあと、

どうするか思案しました。

 

この日も、

17時にIWAに行く予定にしています。

 

本来は、

ギリギリまで千葉に居て、

空いている総武・中央線の普通で、

大久保駅に向かうつもりでした。

 

しかし、

思うように写真が撮れないため、

別のところに行こうと思いました。

 

そこで考えたのが、

海浜幕張駅です。

 

そこには、

千葉駅前では見られない、

平和交通の路線バスが乗り入れています。

 

千葉駅から、

海浜幕張駅に向かうには、

モノレールで千葉みなと駅に向かい、

そこから京葉線に乗るか、

外房線蘇我まで行き、

そこから京葉線に乗るのが一般的です。

 

しかし、

前者は、

すでに千葉に来る時に使っています。

 

後者は、

あまり気乗りしない方法です。

 

私は、

旅をする時は、

行きと帰りで、

違う方法があるのであれば、

違う方法を使うようにしています。

 

しかも、

極力バスを使うようにしています。

 

そこで考えたのが、

小湊バスで蘇我に行き、

そこから京葉線に乗る方法でした。

 

外房線ならひと駅、

数分で着くところ、

バスなら30分近くかかります。

 

て言うか、

思いのほか内陸側を通り、

乗ってからわかりました。

 

予定通り、

蘇我から京葉線に乗りましたが、

結局海浜幕張では降りず、

そのまま東京駅まで、

乗り通しました。

 

せっかく座れていたし、

乗ったのが快速だったので、

降りるのがもったいなくなったのです。

 

東京駅の、

京葉線ホームの上のフロアで、

IWAの予約をして、

そのまま山手線で、

新大久保駅に向かいました。

 

この日も、

店長が迎えてくれました。

 

そしてこの日は、

オーナーが居ました!

 

注文を取りにきてくれたのですが、

私のことを、

覚えていてくれたようです。

 

嬉しい!

 

その後、

野中美郷ちゃんと、

昨日話した別のバイトのコも出勤。

 

この日も、

彼女たちとの会話を挟みながら、

焼肉を美味しくいただきました。

 

 

前日もそうでしたが、

この日もデザートを2つ頼みました。

 

同時に2つ頼むではなく、

お腹の具合をみながら、

2回に分けて、

別々に注文したのですが、

2回目の注文の時、

内田眞由美ちゃんから、

 

「おっ。デザート2つ目やん。女子やな~」

 

と言われました。

 

肉とご飯類で、

お腹はいっぱいのはずでしたが、

デザートはまだ入りました。

 

「デザートは別腹」

 

とは、

まさにこのことです。

 

そして、

前日同様、

19時頃に、

店を出ることに。

 

この日の会計も、

野中美郷ちゃんでした。

 

明日、

大阪に帰ることと、

なるべく早く、

また来店することを伝え、

店をあとにしました。

 

余談ですが、

私の訪問後、

このようなメニューが設定されました。

 

 

これは、

このセットを注文すると、

撮影可能な店員さんと、

2ショットの写真を撮れるというもの。

 

今まで、

2000円で、

可能な店員さんと、

乾杯をして、

会話を楽しむというものはありました。

 

店内の撮影は可能でしたが、

店員さんの撮影、

ましてや2ショットの撮影は、

暗黙のルールで禁止でした。

 

ですから、

このメニューは、

嬉しい話です。

 

若干、

割高感はありますが、

元・AKBと2ショットが撮れることを思えば、

相応の額だと思います。

 

IWAを出たあと、

再び東京駅へ。

 

もちろん、

東京駅JR高速バスターミナルで、

主に夜行バスを撮るためです。

 

東京駅で、

写真を撮り終えたあとは、

山手線で大塚に戻り、

宿に帰りました。

 

翌日のチェックアウトは、

12時だったので、

それまではホテルでゆっくり過ごしました。

 

今回の宿は、

駅に近く便利でしたが、

部屋に冷蔵庫がなかったのと、

風呂の湯の調整が難しかったこと、

シャワーヘッドの調子が悪いことが難点でした。

 

チェックアウト後、

ホテルで案内されていた、

定食屋さんに行きましたが、

GW中だからか、

残念ながらやっていませんでした。

 

しかたなく、

東京駅に向かい、

久々のマクドナルドで、

昼食を摂り、

少しバスの撮影をしたのち、

15時40分頃の新幹線で、

大阪へと帰りました。

 

以上、

皆さんにはあまり興味はないでしょうが、

私のGWでした。

 

そいうえば、

前回の投稿が、

かなり好評でした。

 

ありがとうございます。

 

なるべく、

投稿の間隔を開けないよう、

努力しますので、

これからも、

弊ブログを、

よろしくご愛読願います。