看護部本日モ反省ノ色ナシ

看護師を中心に医療界の変なエピソードを話していきます

私は看護師をしておりますが まあおよそ一般社会では通用しないことがまかり通る それが看護師の世界です そんな看護師のエピソードとともに 医療界(病院)の変なことも話していきたいと思います

人の権利を奪う男・古川睦 だけでなく事務方 そして看護部長 いやもはや組織の問題/近畿中央病院

近畿中央病院の看護師は、

有給休暇(年次休暇=年休)を取得することは、

ほぼできないといっても過言ではありません。

今は知りませんが、

私が在籍していた時はそうでした。

 

年休は、

年に20日与えられます。

そして、

使わなかった分、

いえ「使ってもらえなかった分」は、

20日まで翌年に繰り越すことができます。

 

しかし、

前述のように、

年休を使ってもらえることはほぼないので、

翌年に20日繰り越して、

40日となります。

 

さらに次の年は、

20日しか繰り越せないので、

また40日ということになります。

 

今は、

少し体制が変わったようなので、

私がバリバリ働いていた、

2019年時点のことを話しています。

 

捨てた20日はどうなるかといいますと、

ただ捨てるだけです。

お金に換算して支給されるということはありません。

 

聞いた話では、

グループ全体でそうしているのかはわかりませんが、

済生会千里病院では、

捨てる有給休暇の日数×(金額)で、

買い取ってくれるそうです。

だいぶ、

前の話ですが。

 

近畿中央病院の、

年休取得については、

部署間さらに職種間で格差があり、

大きな問題となっております。

 

同じ看護師でも、

部署によって年休取得できるところと、

できないところがあったり。

 

職種間でいえば、

看護師は取得が困難なのに、

放射線技師は毎年全部消化するなど。

 

一見、

放射線技師のほうが正しいように思いますが、

この件は裏話があるので、

また後日。

 

いずれにしても、

同じ組織内で、

格差があるのは、

良くないと思います。

 

まあ、

看護師が年休(有休)を取得するのが困難なのは、

いずこも同じでしょうが。

看護師が、

年休(有休)を使えるのは、

診断書の出ない病気(突発的な発熱等)の時ぐらいです。

 

となると、

土日祝日とその代休のみが、

休みということになりますが、

近畿中央病院では、

その他に「レクリエーション休暇」「開院記念日」というものがあります。

 

「レクリエーション休暇(レク休)」は、

一般で言う夏休みのようなもので、

毎年7月に5~6日ほど貰えます。

 

「開院記念日」は、

近畿中央病院の開院した日を記念して、

毎年1日貰えます。

ちなみに、

「開院記念日」当日は、

病院自体は休みではなく、

記念行事が行われます。

 

この2つは、

7月に付与されたのち、

年度末までに消化することになっています。

 

年休は期待できなくても、

この2つは権利として消化できるので、

年休が取得できない中、

かろうじて士気を維持できるものでした。

 

しかし!

事件は起きました。

 

2019年の4月のある日、

私は看護師長・古川睦から、

呼び出しを受けました。

身に覚えのない私は、

不安に思いながら古川の元へ。

すると彼は、

私にこう言いました。

 

「昨年度、みんなレク休を1つづつ残したんやけど、お前だけ2つ残してしまった。事務にかけあったけど、4月以降には付けれないと言われた。申し訳ないけど、1つ分は、少しずつ超過勤務として処理して、お金に換えるから、それで許してくれ」

 

納得はできませんでしたが、

従うしかありませんでした。

拒否したところで、

休みをもらえるわけではないからです。

 

事務方も事務方だと思います。

レク休がきちんとつけられているか、

確認しないのでしょうか?

 

私が、

最初に勤めたところと、

転勤したその系列のところは、

事務方もきちんと確認していました。

それで、

休暇が抜けていると、

病棟師長に対して警告を発していました。

よって、

杜撰と言わざるを得ません。

 

その前に、

病棟師長のあとに、

看護部長が出来上がった勤務予定表を確認して、

承認の印鑑を押すことになっているのですが、

ちゃんと確認しているのでしょうか?

確認していたら、

今回のようなことは起こらないわけで、

流れ作業的に印鑑を「押しただけ」と言われても、

仕方ないと思います。

 

しかも、

病棟師長がダメと言われても、

看護部長が事務方に掛け合うものじゃないでしょうか?

それが出来ないぐらい、

看護師より事務方のほうが偉いんでしょうか?

病院で、

いちばん数の多い職員は看護師。

24時間働いているのも看護師です。

看護師を大切にしなければ、

病院の運営は成り立たないのです。

 

整理します。

 

まずは、

看護師の、

休暇を取得するという権利を奪った、

看護師長・古川睦は、

激しく糾弾されなければなりません。

 

次に、

その救済を拒否した事務方。

その長である、

事務長・竹田も非難されるべき。

勤務表のチェックを行わず、

レク休が付けられていないことを、

看護師長に警告しなかった罪。

これは、

職務怠慢と言わざるを得ない。

そして、

看護師長の救済要請に、

柔軟に対応しなかった罪。

 

なにより、

看護部長・前田正美は、

看護師長・古川睦の次に、

出来上がった勤務予定表を見て、

承認の印鑑まで押しているのですから、

事務方以上に非難されるべきです。

レク休がきちんとつ付けられているか確認し、

付けられていなかったら警告する。

病棟師長が事務方に掛け合ってダメなら、

自分が率先して交渉する。

結果、

レク休を流すことになったら、

その原因をつくった者(古川睦)を処分する(おそらく訓告・戒告レベル)。

そういうことが、

必須だと思います。

 

これらを一切しない、

つまり看護師長-看護部長-事務長 間で、

「なあなあ」に終わらせてしまったことは、

組織自体の大きな問題です。

 

実は、

レク休を付けるチャンスは、

いくらでもあったのです。

患者が少なくて、

看護師が余っている時が、

結構ありました。

しか古川は、

「ここで1人帰らせたら、他に応援出せって言われるから帰せない」と、

帰らせなかったのです。

 

私について、

「お金に換えてもらえただけいいじゃないか」という意見もあります。

しかし、

私はお金より休みがほしいです。

休みが、

お金に換わったのは今回だけです。

 

逆に、

私がお金を出したからといって、

休みは絶対もらえません。

休みは、

希望を除いて上司任せだからこそ、

ちゃんとやってほしいのです。

 

本人は、

サラッと言って、

さほど責任を感じていませんが、

労働者の権利を奪ったということを、

もっと重く受け取ってほしいものです。