看護部本日モ反省ノ色ナシ

看護師を中心に医療界の変なエピソードを話していきます

私は看護師をしておりますが まあおよそ一般社会では通用しないことがまかり通る それが看護師の世界です そんな看護師のエピソードとともに 医療界(病院)の変なことも話していきたいと思います

OCJH

病院に対する苦情が増えた理由

本題に入る前に、 土曜日夕方以降に、 投稿すると言っておきながら、 できなくて、 すいませんでした。 新しい仕事が忙しく、 また、 土曜日出勤でした。 実務4日でしたが、 疲労が蓄積していたみたいで、 帰宅したら、 そのまま眠ってしまい、 起きたのは…

勤務表づくりは天性の才能

今回は、 勤務表のお話です。 前にも、 少し触れたかもしれませんが、 看護師の勤務表は、 直属の上司である、 所属する部署の看護師長が、 作成します。 作成したものを、 主任が確認して、 問題が無ければ、 看護部に提出します。 そして、 看護部の決済を…

准看護師でも優秀な方はもちろん居ます

最初に働いた病院も、 転勤した病院も、 そして近畿中央病院も、 私が働いていた時には、 すでに准看護師の、 新規雇い入れを、 やめていました。 それは、 准看護師の養成をやめて、 正看護師のみにしていくという、 政府の方針に呼応してのものでした。 し…

男性看護師を利用しようとする組合

私が、 最初に働いた病院、 そして転勤した病院は、 当時、 組合が強いことで知られていました。 今は、 当時ほどではないかと思います。 そして、 私が就職した当時、 男性看護師の数は、 グループ全体で、 10数名しか居ませんでした。 というよりも、 系…

「上司の鏡」に立腹した話

このブログで、 繰り返し、 「上司の鏡」 を讃えていますが、 1度だけ、 腹が立ったことがありました。 他の上司には、 常に腹が立つことばかりだったことを考えると、 きわめて少ない数字であることが、 わかると思います。 上司の鏡は、 救命救急センター…

資格を取るということ/大切なことですが・・・看護師の世界では!?

自己研鑽のために、 資格を取るということは、 看護師に限らず、 大切なことです。 私は、 もっと若い時に、 いろいろな資格を取っておけばよかったと、 後悔しています。 そうすれば、 もっと早いうちに、 進みたい道に、 進めていたかもしれません。 中に…

看護師の年末年始の勤務と手当の事情Vol.1/あの人そんなにもらってるの?

12月になったので、 この話題について、 話したいと思います。 私が、 最初に働いた病院と、 転勤した病院は、 私が在籍していた当時は、 待遇が良いことで、 知れわたっていました。 今では、 そこまでではないみたいですが、 そこそこは、 良いとは思い…

「借りパク」する看護師たち・それは犯罪です/欲しけりゃ自分で買えや!

私は、 同僚の求めに応じて、 所有する医療・看護に関する書籍を、 貸してきました。 しかし、 未だに返ってきていないものが、 いくつかあります。 救命救急センターの、 重症病棟に入院する患者の、 およそ6割が、 頭部外傷やくも膜下出血などの、 脳の疾…

中途半端な看護研究/忘れないうちに語る

昨日アップした時に、 「別の機会に話します」 「後日話す」 と言ったことについて、 話したいと思います。 茶番が多い看護師の世界 - 看護部本日モ反省ノ色ナシ (hatenablog.jp) このブログでも、 今まで何度も述べている通り、 私が正職員として勤務した病…

私語は慎むべき

とあるユーチューバーが、 こんな話をしていました。 「新幹線の車掌が、2人で私語をペチャクチャ話していて、あまりいい気分がしなかった」 実際は、 車掌ではなく、 主にグリーン車の乗客の世話をする、 「パーサー」 のことです。 東海道・山陽新幹線で…

時事ネタ・アムゥエイ/ついでに、禁止されている「副業」について語る

一昨日、 ネットニュースに、 この記事が掲載されました。 この会社の名前、 久々に目にしました。 一時、 看護師の副業と言えば、 この会社、 というぐらい、 この会社の名前を聞きました。 その前に、 この記事についての解説を。 この事件の容疑者の1人…

守られていない禁煙/意味のない「機能評価」

以前に、 喫煙について話したことがあります。 たまには普通の話/やはり喫煙は避けるべき - 看護部本日モ反省ノ色ナシ (hatenablog.jp) 私は、 人生で一度も喫煙をしたことがありませんし、 したいと思ったこともありません。 看護師は、 元ヤンが多いせい…

何のための心電図モニター

昨日、 こういうニュースがありました。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ このニュースを見て、 思い出したことがあるので、 話します。 私は、 2年目から救命救急センターを経験し、 心電図モニターの重要性を、 徹底的に叩き込まれました。 なので、 以降勤務したと…

私がプリセプターをした新人看護師②③④

少し前に、 初めてプリセプターをした新人看護師のことを、 3回にわたって話しました。 今回は、 あとの3人について話します。 その前に、 「私がプリセプターをした新人看護師①INUE」の、 補足をします。 前に話した通り、 最初働いた病院と、 転勤で…

「あなたのことはよくわかっています」→ 話したこともないのに?

看護師の上司とは、 部下に、 無理難題を押し付ける割には、 モチベーションを下げることばかり、 やるものです。 この時述べた、 異動希望についてもそうです。 労働に関する法律違反・近畿中央病院 - 看護部本日モ反省ノ色ナシ (hatenablog.jp) 尋ねるのな…

「どうするんですか」→どうもできません/臨床検査技師

これは、 最初に働いていた病院から、 転勤で行った病院での話です。 たしか、 年末年始の、 休日体制の時だったと思います。 この日、 とある患者が亡くなりました。 主治医は、 KUGK医師で、 この日は自分の患者の採血を入れていたため、 たまたま出勤…

汚い「報復」のしかた

私が、 最初に働いていた病院から、 系列の病院に転勤したあとの話です。 その病院では、 各部署に「看護研究チーム」があって、 1年間活動して、 年度末に院内で発表会が開催されるという、 形式がとられていました。 私は、 その病院に転勤してきて2年目…

患者を見ず、看護師の意見に耳を傾けず、病気だけを診る女医・角安(仮名)

私は、 大学を卒業して最初に働いた病院から、 転勤で系列の病院に異動になったことは、 今まで幾度となく話してきました。 今回は、 その病院での話です。 ある日、 とある男性の患者を、 消化器内科に紹介受診させることになりました。 診察したのは、 角…

本当に怖い話

生きている人間が、 世の中で一番怖いといいます。 今まで話してきたことを総合すると、 そう考えざるを得ません。 しかし、 やはり霊的なものは怖いものです。 信じる信じないは、 自由ですが。 私は、 霊感はまったくありませんが、 そういうものの存在は…

まさにひとり相撲/OCJH栄養部の場合

これは、 私が最初に就職した病院の、 系列の病院に転勤した時の話です。 私が転勤してきたとある年、 この病院は新築移転することになっていました。 5月の開業に向けて、 転勤してきたばかりの私や新人看護師も含めて、 旧病院と新病院を行き来する毎日で…