看護部本日モ反省ノ色ナシ

看護師を中心に医療界の変なエピソードを話していきます

私は看護師をしておりますが まあおよそ一般社会では通用しないことがまかり通る それが看護師の世界です そんな看護師のエピソードとともに 医療界(病院)の変なことも話していきたいと思います

副師長・主任

それはあなたへの注意ですよ!/気付かない看護師と、また理不尽なことをする放射線技師

本当は、 昨日投稿するつもりでしたが、 今日になってしまいました。 私が、 近畿中央病院に就職して、 外来の検査部門に配属された時、 検査部門の責任者だった、 主任の話です。 この人、 NSKW主任といいます。 「お母さん」 と言う感じの人で、 話す…

部下を信用しない女・退院支援室主任SSK

今日のお話は、 初登場となる、 近畿中央病院の、 退院支援室に所属する主任看護師SSKです。 この人に、 この件があるまで、 悪い印象はまったくなかったのですが、 この一件で、 180度見方が変わりました。 まず、 病院の事情に疎い一般の方々のため…

「的外れ」な話し合い/病棟師長の「事なかれ主義」の結果

2014年4月から、 2015年3月にかけて、 片山と藤崎が結託して、 病棟を支配しようとした話を、 今まで幾度となく話してきました。 「私たちに付いてこれる者だけ付いて来たらいい」は?/とんでもない勘違い野郎 片山&藤崎 - 看護部本日モ反省ノ色…

労災の軌跡 Vol.15/無能な感染管理認定看護師・上野一枝

少し前に、 認定看護師の話題に触れたので、 この話題を話したいと思います。 疑惑の認定看護師/受講資格は本当にあったのか? - 看護部本日モ反省ノ色ナシ (hatenablog.jp) 私は、 外来検査部門時代と、 病棟に上がってからの2回、 「感染リンクナース会…

どうでもいいことにこだわる看護師/ほんまにどうでもええわ!とある主任の場合

看護師は、 どうでもいいことにこだわる人が、 多いように思います。 偏見かもしれませんが、 少なくとも、 私の周囲には、 そういう人が多かったように思います。 「多かった」 というよりも、 そういう人たちは、 その理論が、 一般的に正しかろうが間違っ…

コレに当てはまる人・TND主任/結構脱線あり

Instagramで、 こんなのを見つけました。 これに、 すべて当てはまるわけではありませんが、 割合当てはまる人が居ます。 このブログにも、 登場したことがある、 TND主任です。 嘘をつく女/先輩を舐め切った後輩女性看護師・菊池 - 看護部本日モ反省ノ…

時事ネタ・アムゥエイ/ついでに、禁止されている「副業」について語る

一昨日、 ネットニュースに、 この記事が掲載されました。 この会社の名前、 久々に目にしました。 一時、 看護師の副業と言えば、 この会社、 というぐらい、 この会社の名前を聞きました。 その前に、 この記事についての解説を。 この事件の容疑者の1人…

なんでお前が仕切るねん!/今日のリーダーはワシじゃ!・片山

2014年は、 病棟再編により、 6階(4科)と5階(2科)をシャッフルして、 それぞれ3科として、 6階と5階を入れ替えるという、 荒業が行われました。 大半のスタッフも、 それぞれ入れ替わることになったのですが、 全員入れ替わると、 元の病棟の…

帰してやれよ!/不可解な采配・近畿中央病院

これは、 私が近畿中央病院の、 外来・検査部門に居た時の話です。 もう、 10年以上前の話です。 その日は日勤で、 救急担当でした。 その時の、 救急のことについては、 ここで少し話しているので、 読んでみてください。 内々の対応に終始/具体的な対応…

他人に厳しい人は自分にも厳しくあるべき

表題は、 ごく当たり前のことです。 しかし、 今までの人生で、 これが実際にできている人に出会ったことは、 ほとんどありません。 それでは一例を。 救命救急センターで働いていたある日、 私は体調が優れませんでした。 本当は、 休みたかったのですが、 …

汚い「報復」のしかた

私が、 最初に働いていた病院から、 系列の病院に転勤したあとの話です。 その病院では、 各部署に「看護研究チーム」があって、 1年間活動して、 年度末に院内で発表会が開催されるという、 形式がとられていました。 私は、 その病院に転勤してきて2年目…

子供か!/私信を晒す女・片山

どこの病院でもやっていると思いますが、 入院患者が亡くなると、 受け持ち看護師と看取りをした看護師が主体となって、 主治医を交えて、 「デスカンファレンス」が行われます。 ※参考資料:d201001.pdf (tohoku.ac.jp) 人の死という、 本来あってほしくな…

「ありえへん」を連発 いや、お前がありえへん!/人を疑う女・片山賀波子

病棟には、 仕事で使うパルスオキシメーターが、 定数配置されています。 パルスオキシメーターは、 コロナの件で、 一般の人にも、 すっかり知れ渡ったと思います。 購入した人も、 居るのではないでしょうか。 一般に売られているものは、 比較的安価です…

患者よりカンファレンスが大事な病院/ベテランを小学生扱い・近畿中央病院

どんなことよりも、 実際に患者のことを最優先されるのが、 病院というところだと思います。 しかしながら、 近畿中央病院というところは、 患者のケアよりも、 カンファレンスが優先されるのです。 また、 ちゃんと時間管理をしているベテラン看護師を、 ま…

そりゃ怒られてもしかたないわ!/学習能力のない看護師たち それを増長させたのはあの人

看護師たるもの、 人の命を預かっている以上、 過去の出来事を振り返って、 同じ過ちを繰り返さないことが必要です。 2014年、 私が所属していた部署は、 正に呪われた1年でした。 ここに書いたことも、 その1つです。 「私たちに付いてこれる者だけ付…

自分で自分の首を絞める看護師たち

看護師は、 時として自分で自分の首を絞めるような、 言動をとります。 これは、 私が救命救急センターに居る時の話です。 確か、 「上司の鏡」の次の看護師長・MRYMの時でした。 この人物、 前職が系列の老人保健施設だったということもあってか、 勤務…

もうちょっと法律を勉強してね/看護師EVと藤崎、そして看護師長・看護部長、多分主任・副看護部長も

2014年のある土日祝日のいずれか、 私は日勤でした。 その時、 個室のとある女性の担当だったのですが、 この女性認知症があって、 入院生活に耐えられないということで、 前日入院してきたにもかかわらず、 熱も下がっているというおとで、 退院するこ…

今ならアウト・・・いや、当時でもアウトです/業務上横領主任・TSの場合

これは、 救命救急センターに在籍していた頃の話です。 主任のTSのご主人は、 脳梗塞で入院をしました。 その後、 自宅療養をしていたのですが、 そのご主人のために、 救命救急センターにある輸液を、 多量に持って帰っていたのです。 普通、 輸液・注射…

「私たちに付いてこれる者だけ付いて来たらいい」は?/とんでもない勘違い野郎 片山&藤崎

2014年、 近畿中央病院のとある病棟では、 主任である片山は、 仲の良い藤崎と結託して、 病棟を支配しようとしていました。 私は、 直接耳にはしていないのですが、 2人はスタッフにこう言い放ったそうです。 「私たちに付いてこれる者だけ付いて来た…

それはお前の仕事やろ!/主任YHの場合

ある日、 私は日勤でメンバー、 つまり患者を受け持ちしていました。 すると、 リーダーをしていたYH主任が、 私に声をかけてきました。 ここで、 看護師の世界をあまり知らない方々に解説を。 「リーダー」とは、 患者の受け持ちをする「メンバー」が、 …

私史上最低の主任・片山 Vol.1

どうも、 「副師長」という言い方は慣れないので、 従来通り「主任」と言わせてもらいます。 25年以上も看護師をしていると、 多くの主任と仕事をしてきました。 特に以前働いていたところでは、 1部署に多くの主任が居たので、 なおさらです。 近畿中央…